研究交流集会

 日本通信教育学会では、通信教育に関連する特定テーマの検討、あるいは若手研究者の育成を目的とした研究促進のため、研究交流集会を開催いたします。
 また、学会には関西在住あるいは勤務の会員も多いものの、年1回の研究協議会が主に東京での開催となるため、この研究交流集会を関西で開催することで、会員相互の交流ならびに親睦を深めていただくことを期待しております。
 

第3回 研究交流集会を開催いたします

日本通信教育学会 第3回 研 究 交 流 集 会

 

 
(1)日  時: 201635日(土)13001700(終了後に情報交換会を予定)

(2)場  所: 京都華頂大学・華頂短期大学 3号館23-201教室

 〒605-0062 京都市東山区林下町3-456

 ※京都市営地下鉄東西線「東山」駅[出口2]から南へ徒歩4

 他に、京阪本線「祇園四条」または「三条」、阪急京都線「河原町」
             からも徒歩可

  詳細は下図かhttp://www.kacho-college.ac.jp/guide/access.html参照。

(3)参加資格: なし(会員でない方も参加できます)

(4)参 費:  無料(情報交換会費は別途)

(5)申込方法: 下記の参加申し込みフォームに必要事項を記入の上、サイトからお申し込
  みください。

(6)申込締切: 2016229日(月)
         ※ただし、定員になり次第、締め切らせていただきます。

(7)プログラム: 下記参照

 

 

1300

13001310

 

開  会

会長挨拶

 

司 会:古壕 典洋(東京大学)

白石 克己(佛教大学)

 

 

 

13101430

<講  演> 通信制高等学校と学校外機関との連携を考える

講 演 者 阿久澤 麻理子(大阪市立大学)

後期中等教育の「最後のセーフティネット」と言われる通信制高校では、不登校を経験したり、全日制高校からの転・編入生が多数学んでいる。不登校や転学・中退の背景には、貧困や家庭の困難な状況、学力不振、学校不適応、障害、病気、いじめ、対人関係の困難などがあり、通信制高校では「学習支援」「心理的支援」、教育・福祉に関わる制度を活用し生徒の学業継続と生活を支える「社会的支援」、学校から社会に向けた「移行支援」も行われている。但し、その支援体制は、公立・私立、狭域・広域によって大きく異なり、とりわけ広域制では、技能教育施設、サポート校、その他「学校外における学修の単位認定」を通じた学校外機関との連携の幅が大きい。このことに対し、学校が教育や支援活動をアウトソースし、学校の根幹的機能が弱体化していると危惧する声がある一方で、フリースクールや多様なNPOが公教育に参入する機会として評価する声もある。通信制高校と、学校外機関との連携について、多様な事例をとりあげて検討し、学校の役割とは何かを考えたい。

 

 

14301440

休  憩

 

 

 

 

14401510

<研究発表> 広域通信制高校の関連施設の立地条件

 

発 表 者

秋山 吉則(佛教大学大学院)

 

 

 

15101540

<研究発表> 高校教育における通信制高校の布置

―「校長先生の訓話」から読み解く各教育実践の特色―

 

発 表 者

神崎 真実(立命館大学大学院)

 

 

 

15401550

休  憩

 

 

 

 

15501620

<研究発表> 英国における若年者の職業能力の育成をめざした通信教育

City and GuildsによるTechBacの学習プログラムを中心に―

 

発 表 者

堀出 雅人(華頂短期大学) 

 

 

 

16201650

<緊急報告> 就学支援金不正受給問題

NHKニュースでコメントして―

 

報 告 者

手島  純(神奈川県高等学校教育会館教育研究所) 

 

 

 

16501700

<総括討論>

 

 

 

 

1730

情報交換会(希望者のみ、会費 5,000円(予定))

祇園円山 かがり火(京都市東山区祇園円山公園北側 075-541-0002


会場へのアクセス

201602011601_1.gif

201602011601_1.jpg


 

事務局からのお知らせ

■入会のご案内

(1)入会資格: 本会の目的に賛同し、入会手続きを経た者とします。

(2)会  費: 個人会員 年間 5,000円  団体会員 年間 12,000円  賛助会員 年間1 10,000

(3)申込方法: 入会申込書(MS-WORD)に必要事項を記入し、「日本通信教育学会 入会希望」とお書きの上、E-mailに添付して事務局「jade.office.obirin@gmail.com」宛てにお送り下さい。入会には会員(1名または1団体)の紹介が必要です。入会手続き終了後、事務局より会費の請求書をお送りしますので、会費の納入をお願いいたします。入会申込書は学会WEBサイトよりダウンロードできます。電話・FAXでのお申込みはお受けできかねますのでご了承ください。なお、研究交流集会当日の入会申込は受け付けませんので、ご了解ください。

 

 

お問い合わせ先

 

日本通信教育学会事務局

194-0294 東京都町田市常盤町3758 崇貞館B608 桜美林大学 鈴木克夫研究室内

E-mailjade.office.obirin@gmail.com

 

研究交流集会参加申込み

所属(大学名、企業名):必須


お名前:必須

フリガナ:必須


メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

情報交換会(会費別途):必須

メッセージ: