第65回研究協議会のお知らせ・発表者募集

第65回研究協議会を下記の通り開催いたします。
研究発表を希望する会員は、以下の要領でお申込下さい。
 
(1)研究協議会の概要
 ・日    時: 
平成29(2017)年10月28日(土)10:00~18:00(終了後に懇親会)
 ・会    場: 桜美林大学 四谷キャンパス(千駄ヶ谷)1階ホール
           〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12
           (JR 中央線・総武線「千駄ヶ谷」駅 徒歩6 分、東京メトロ 副都心線「北参道」駅 徒歩5 分)
           アクセス:http://www.obirin.ac.jp/access/yotsuya/index.html参照
 ・プログラム: ①会長挨拶 ②特別・自由研究発表 ③総会
          
④通信教育制度創設70周年記念行事

             テーマ: 通信教育は『教育』を開放できたのか―通信教育の70年―

              1)基調講演: 「通信教育はどんな制度として始まったのか」

                 鈴木 克夫(桜美林大学教授)
              
2)シンポジウム: 「通信教育は『教育』を開放できたのか」

                 報告1 「社会人の学び直しとメディア」

                  高橋 陽一(武蔵野美術大学教授、公益財団法人私立大学通信教育協会理事長)

                 報告2 「通信制高校は高校教育のアヴァンギャルドだ」

                  手島 純(星槎大学教授)

                 報告3 「学校式通信教育への挑戦―テクストとメール」

                  白石 克己(元佛教大学教授、公益社団法人日本通信教育振興協会理事)

                コメンテーター:重田 勝介(北海道大学情報基盤センター准教授)

                討論

                  司会: 石原 朗子(星槎大学大学院准教授)・古壕 典洋(東京大学大学院特任助教)

           ⑤懇親会(希望者のみ、会費別途) 
 ・参 
加 費: 会員/無料 一般/2,000円 
            ※会員でない方も参加できます。当日、受付にてお支払いください。
 

(2)研究発表の申し込み
 
・発表の種類: ①特別研究発表 発表30分程度、指定討論者によるコメントと討議15分程度、会場との質応答15分程度、全体で60分
            ※共同発表も同じ
           ②自由研究発表 発表20分程度、会場との質疑応答10分程度、全体で30分 ※共同発表も同じ
 
・申込方法: 発表希望者は①氏名、②所属、③発表の種類(特別研究発表または自由研究発表)、④題目、を下記期日までに事務
          局宛に電子メール(jade.office.obirin@gmail.com)でご連絡下さい。なお、発表希望者が多数の場合には、上記の発表時
           間(コメント・質疑応答等を含む)に変更がある場合があります。
 
・申込締切: 平成29(2017)年7月31日(月)
 
・発表要旨: 研究発表が許可された会員には、追って発表要旨の執筆をお願いしますので、原稿(WordまたはPowerPoint等の電子
          ファイル)をお知らせする期日までにご提出下さい。

 

(3)参加の申し込み

 ・9月中~下旬(予定)にお送りするプログラムを参照して下さい。
 

平成29(2017)年度『研究論集』投稿募集

下記の通り、平成29(2017)年度『研究論集』への論文の投稿を募集します。
投稿を希望する会員は、ふるってご応募ください。

(1)題目届の提出
 ・提出方法: 投稿を希望する会員は、期日までに題目等(①氏名、②所属、③題目)を事務局宛に電子メール
          (jade.office.obirin@gmail.com)にてお知らせください。
 ・提出締切: 平成29(2017)年12月20日(水)

(2)原稿の提出
 ・提出方法: 期日までに事務局宛に電子メール(jade.office.obirin@gmail.com)にて提出して下さい。
 ・提出締切: 平成30(2018)年2月28日(火)

(3)刊行日(予定)
 ・平成30(2018)年6月30日(土)